住まいを手に入れる前に考えること#08未来へつなぐ

伊勢神宮において原則として20年ごとに、社殿を造り替える。(式年遷宮)なぜこのようなことを、行うかは、不明のようですが、「技術の伝承」が理由のひとつと考えられているようです。住まいでは、もちろんこんなことは、できませんが、「技術の伝承」という点では、いろんな多様性のある住まいが、生まれ続けることが、必要になってきます。その生まれる瞬間に立ち合うならば、ほんの少しだけ、未来のことを想像したいものです。たとえば、風、光、環境、地震、高齢化、情報化等、家族そしてなによりも自分自身の未来。いろんなことを考えることで、きっと未来へつなぐ、きっかけになるはずです。

自分の頭で「考えること」から未来へつなぐ。そして、ともにしあわせになりましょう。

今回をもちまして、「住まいを手に入れる前に考えること」も一区切りとさせていただきます。それでは、縁があればいつかどこかで会いましょう。

関連記事

  1. column
  2. column
  3. column
  4. column
  5. column

    2020.03.02

    非常時の建築
  6. 2020.12.28

    興福寺