住まいを手に入れる前に考えること#1イントロダクション

政府の政策や、知人友人の影響を受けて、多くの方は、住まいを手に入れるきっかけとなると思いますが、住まいを手に入れる行為は、多くの方にとって人生の中で何度も訪れる機会では、ありません。でも、この時の選択や決断が、よくも悪くも後の人生に大きく影響します。せっかくのこの機会に、未来へとつながるきっかけとしたいものです。世の中には、様々な情報が発信されています。得をしたいとか、損をしたくないという気持ちが先行して、ついついいろんな情報を追いかけてしまいます。でも、情報を追いかけすぎると情報の渦に巻き込まれます。とかく住まいに関する情報については、集めればキリがないほど、氾濫しています。

本当に必要なことは、冷静に現在、過去、未来と自分自身を見つめなおし、自分にとって必要なものは何かを考える事が大切です。あふれる情報やモノの中で、自分を見失わないように計画をしたいものですが、思い描いた通りにいかない時にこそ、冷静に考えて判断すれば、難問も乗り越えられるはずです。

次回より具体的なテーマに入っていきたいと思います。

次回のテーマは「借りる、買う、つくる」です。

関連記事

  1. column
  2. column
  3. column
  4. column
  5. column
  6. column