帰る家#3子供が出て行った時


野生動物の子供が、ある時期がくれば独り立ちして親から完全に離れて生活することもあります。弱肉強食野生の世界で生き延びるために必ず必要な厳しい訓練と考えれば当然のことです。

人間は、野生動物ほど非情な別れには、なりにくいものの同じように親から離れる場合があります。その時こそ、自分が帰る家として、真剣に家について考えるチャンスです。自分にとって本当に心地よい家をめざしましょう。

例えば、大きな家はいらないのであれば、小さな家にするとか、好きな趣味を思いっきり楽しめる家にするとか、メンテナンスが最小になるよう賃貸に移るとか、家についてとことん考えましょう。そして、行動しましょう。答えは、あなたの心の内に必ずあるはずです。子供が出て行った時こそ、ワクワクした人生を楽しみましょう!

関連記事

  1. column
  2. column
  3. column
  4. column
  5. column
  6. column